未来の香川の産業を支える子どもたちの教育を支援 本文へジャンプ

  昭和13年設立

   産・学・官が連携し

   産業教育の振興を目的として       

 以来、一体となって様々な

 活動を進めている



  本県の産業教育の振興を目的として、全国に先駆けて昭和13年

に産・学・官が連携して設立しました。以来70年間にわたって、企業

等の協賛により、各種の事業を行っています。


沿  革
昭和13年  県知事を会長に、教育行政関係者と関係諸学校及び実

      業界が連携し、産・学・官合同の「香川県実業教育振興会」         
      を創立した。

昭和16年 戦争により活動休止状態に。昭和20年の空襲によ

      り、 関係諸帳簿を焼失した。

昭和24年  県知事、教育委員会等の努力により再興し、事務局を学      

       校指導課内において活動を始める。
 
昭和26年   産業教育振興法の制定により、「香川県産業教育振

      興会」 と改称する。第1回ペン習字コンクールの実施をきっ

      かけとして硬筆検定の準備を始める。

昭和27年 第1回ペン書道検定試験を実施する。今日まで、硬筆検

      定として60年間にわたって200回継続して実施し、約660

      万人が受験している。

昭和29年 英習字検定試験を実施し、平成19年まで、157回にわ

      たって県下の中・高校生徒延べ250万人が受験した。

昭和45年  事務局高校教育課へ移転する。

        その後、天神前分室、また村瀬ビルへと移転する。

昭和59年 香川県産業教育100年式典を香川県文化会館で行う。

        文部大臣より感謝状を授与される。

平成 9年 事務局を教育会館4Fに移転する。